決済データ送信機能

「決済データ送信機能」により、「PayPal決済」を利用して、フォームの利用者からの支払いを受け取ることができます。
初期費用・月額無料、一般的なクレジットカード決済と比較して、手頃な決済手数料で利用することができます。
簡易のオンライン物販、有料セミナーのお申し込みなどのために、低リスク・低コストで決済サービスの導入ができます。

PayPal決済(決済データ送信機能)の概要

ご利用イメージ

決済データ送信機能のご利用イメージ
  1. フォームの利用者に、「注文フォーム入力画面」で注文情報を入力してもらいます。
  2. 「注文内容確認画面」で注文内容を確認後、決済データをPayPalへ送信し、「PayPal決済」の画面に遷移します。
  3. 「PayPal決済サービス画面」で決済の手続きをしてもらいます。
  4. PayPalで決済完了後、決済結果を受信し、「注文完了画面」を表示します。以上で決済が完了します。

対象プラン

Free版 Pro版 Business版
タイプA タイプB タイプC
× 無料

ご利用にあたっての注意事項

※PayPalでフォームの利用者からの支払いを受け取る際に、決済手数料がPayPalから請求されます。

※「決済データ送信機能」のご利用には、事前にお客様でPayPalの「ビジネスアカウント」または
 「プレミアアカウント」を取得いただく必要があります。また、取得いただいたPayPalアカウントで、PayPal APIの利用設定を行い、
 「API接続情報(ユーザ名、パスワード、署名)」を取得ください。
・「ビジネスアカウント」または「プレミアアカウント」の本人確認手続きが完了している必要があります。

※「決済データ送信機能」はPayPalへ決済データを送信するもので、決済を保証するものではありません。
・返金や取引内容の変更は、PayPalの管理画面で実施ください。
・フォームメーラーの管理画面上でご確認いただける決済結果は、データ送信時の応答結果になりますので、
 最終的な決済の状態は、PayPalの管理画面でご確認ください。

※「決済データ送信機能」をご利用中に、PayPalの「ビジネスアカウント」または、「プレミアアカウント」を解約または、
 PayPalにより「ビジネスアカウント」または、「プレミアアカウント」の一時停止、制限等があった場合、
 「決済データ送信機能」はご利用できません。

※「決済データ送信機能」は、注文フォームでのみご利用できます。
 一般フォーム、投票フォームでは、ご利用できません。

※「PayPal決済」は、PayPalが提供するサービスになります。動作環境は「PayPal決済」の仕様に準じます。

※PayPalへの「決済データ送信機能」は1回支払いのみに対応しております。購読、定期支払い、及び分割払い等他の支払い方法には対応しておりません。

Copyright © 2013 FutureSpirits.,All Right Reserved.